So-net無料ブログ作成

美女と男子18回感想!主題歌とドラマ視聴率の関係!ツインソウル! [ドラマ10]

すでに19回も放送されていますが、遅ればせながら18回のリベンジ大作戦から書かせて頂きます。
 
 
18回はたどころの歌がドラマツインソウルの主題歌として使われましたが、主題歌が原因で視聴率が落ちたという分析をされてしまいました。
 

確かに視聴率のグラフを見ると主題歌が放送されている最中にどんどん下がってしまっているというストーリーになっていました。
 

実際のドラマと主題歌の視聴率の関係はどうなのでしょうか?
 

ちょっとだけ今年夏のドラマで調べてみます。
 

今年7月から始まったドラマの中では花咲舞が黙ってない2が平均14.27%で1位。
 
 
デスノートが平均11.21%で2位。恋仲が平均10.84%で3位。4位はナポレオンの村で平均9.43%。
 
 
5位刑事7人平均9.42%。6位エイジハラスメント平均9%。美女と男子は平均5.15%で17位となっていました。(ドラマ楽園より
 
 
主題歌のランキングも調べてみました。
 

オリコンミュージックストアのシングルダウンロードランキングを見てみますと恋仲の主題歌の君がくれた夏(家入レオ)は1位です。
 

君がくれた夏以外で100位以内にランキングしていた今期夏のドラマの主題歌はランキングしていませんでした。
 

視聴率が一桁台の今期の夏のドラマはかなり多く、主題歌も売れてはいません。しかしながら、主題歌が売れていないからドラマの視聴率が上がらないと結論づけることはできないように思います。
 

花咲舞が黙ってない2は視聴率は悪くないですが、主題歌が売れているわけではありません。これから売れてくる可能性はゼロではありませんが。
 
 
反対に恋仲はというと視聴率はかろうじて10%をキープしていますが、1回、2回と10%を割ってしまっています。
 

しかし、主題歌はめちゃくちゃ売れています。主題歌が売れている効果なのか3回め4回目、5回目と若干ではありますが、視聴率が上がってきています。
 
 
ドラマだけで視聴率が取れないときに、主題歌がバカ売れした場合には、主題歌がきかっけでドラマの視聴率も上がっていく可能性はあるのかもしれないとは思いました。
 
 
主題歌からドラマの終わるまでの視聴率の動きの分析も必要ではありますが、、、。
 

美女と男子の中のドラマツインソウルは、たどころや一子(仲間由紀恵)の努力があり、歌も売れ始めドラマの視聴率もなんとか二桁いきましたね。
 

なんとかリベンジを果たしたたどころですが、そのたどころが自分のお店でみんなが集まったところでつぶやいた一言で考えさせられました。
 

「一子(仲間由紀恵)と遼(町田啓太)はツインソウルみたいだ」と、、、、。
 

ツインソウル、ソウルメイト、、、。定義にはいろいろな説がありますが、運命的な出会いをなした二人の関係に憧れる気持ちが潜在的に人間の中にあるように思わされたり、自分自身もそういう運命的な関係を築けたらいいなーとしみじみ思わされた次第です。
 

今期夏のドラマの中では、筆者としましては一押しでございます。視聴率は高くないですが、、、。
 
 


タグ:美女と男子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。