So-net無料ブログ作成

小さな巨人2話感想!今後の見所は! [小さな巨人]

捜査一課対所轄の構図の中で組織同士の指導権争いを繰り広げながら、事件が解決されてゆくいう単純明快なストーリーなのですが、こういう対立軸のはっきりしたドラマは、視聴者が、面白く感じる典型的なものです。

半沢直樹もそうだったと思います。

しかしながら、人気の出るセオリーが全て揃っていても、その予定通りにいくものでもない。

長谷川博己の執念を持って取り組む姿勢と生き様が何処まで視聴者に魅力として届くだろうか?

真相解明をどう進めていくか、そのストーリーも面白く描く必要があると思いますが、今回のドラマの一番の軸、柱になっているのが、所轄の刑事が他の刑事ドラマでもよく口にする刑事の勘ではないかと思います。

この刑事の勘をどう興味深く、面白く、刺激的に描けるかにかかっているように思います。

今後の展開に目が離せません!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。