So-net無料ブログ作成
陰陽屋へようこそ ブログトップ
前の1件 | -

よろず占い処陰陽屋へようこそ7話感想!瞬太と祥明の正体!王子! [陰陽屋へようこそ]

昨晩フジテレビで22時から放送されたよろず占い処陰陽屋へようこそ7話を観ました。
 

1120瞬太と祥明.jpg
娘と奥さんを招待するために祥明(錦戸亮)の陰陽屋を一日だけ貸してほしいとお願いに現れた山田清志(永井大)は、昔陰陽屋の場所でレストランを経営していた人で、実は祥明がホストをしていたとき世話になったカリスマホスト雅人でした。(左写真 祥明(錦戸亮)と沢崎瞬太(知念侑李):ドラプレより
 

イタリアンレストランを商店街のみんなで手伝おうということで、かなり皆さん思い思いに盛り上がっていました。
 

ラーメン屋さんの作ったスープスパとか瞬太のお父さん(見栄晴)が作った燻製を娘さんがおいしいと食べていたんですが、その様子を見ていたラーメン屋のおばさんと瞬太のお父さんとお母さんが喜んでいて、そのシーンがなんともほのぼのとしていてよかったです。
 

今回第7話で重要なことがわかってきました。祥明は安倍晴明の子孫であるということです。
 

あまりご存じない方にために一言付け加えておきます。安倍晴明というお方は、平安時代の陰陽師で、陰陽道と天文道を学ばれ、かなり占いの才能のあった方のようです。
 

只者ではないことは源次郎(杉良太郎)などは気づき始めていましたが、今までのアドバイスを見ていれば、まー納得といった感じではないでしょうか?
 

また、祥明(錦戸亮)が王子に来た理由も少しずつわかってきましたね。雅人が祥明から聞いたところによると、目が光るばけもんがいるという噂を聞きつけて王子に行くようになったようです。
 

そして、狐が瞬太に化けているのか、瞬太の中で狐が取りついているのか、瞬太のお尻からしっぽが出ているところを祥明(錦戸亮)は見てしまいました。
 

また瞬太の出生の秘密を源次郎(杉良太郎)さんと亡くなった奥さんは知ってそうですね、、、。
 
 
                  1120倉科カナ.jpg
 
 
最後になりましたが、倉科カナさんのスーツ姿はやっぱりいいですね。(上写真 倉科カナ:ログ速より
 

以前倉科カナさんが、ディナーというドラマで若い支配人役をやられていたときのことを思い出しました。ていうか、そのときの倉科カナさんのイメージを今回の7話で出そうとしたような意図も感じました。
 

いよいよ真相に迫ってきましたね。次回も楽しみです。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の1件 | - 陰陽屋へようこそ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。