So-net無料ブログ作成
ナポレオンの村 ブログトップ
前の1件 | -

ナポレオンの村第3話感想!滝壺レストランのロケ地と成功の極意! [ナポレオンの村]

2015年8月9日21時からのナポレオンの村第3話の感想を遅ればせながら書かせて頂きます。
 
 
神楽村のモデルは、当然原作がベースですから、石川県の羽咋市神子原地区であるわけですが、ドラマナポレオンの村のロケ地まで、神子原地区というわけでもありませんし、東京都の架空の村のモデルになっている村というわけではございません。
 

いろいろな場所がロケ地となっているようですが、筆者が一番気になっているロケ地は、やはり滝壺の場所でございます。
 

調べてみたところ、神奈川県南足柄市矢倉沢にある夕日の滝のようです。
 

夕日の写真や情報の掲載されているサイトをご紹介します。
 

 
 
 
 
行き方は、下記のようになります。
 
 
【電車やバス】
 
伊豆箱根鉄道大雄山線「大雄山」駅下車→箱根登山バス「地蔵堂」行き「地蔵堂」下車→徒歩約15分
 
 
【自動車】
 
東名高速「大井松田」出口南足柄方面へ約4.5キロ→「龍福寺」信号交差点右折後約7キロ→地蔵堂案内看板左折後約500メートル(南足柄市公式サイトより)
 
 
滝壺レストランをあっという間に立ち上げ簡単に成功させてしまったようにも思えますが、成功の極意がちりばめられているように思いました。
 
 
浅井(唐沢寿明)さんは、神楽村の食材を使った料理でもてなすレストランを立ち上げようとしました。
 

まずは、その場所をどこにするかで、レストランをやろうとする気持ちの強さも変わってきます。
 

その場所を決めるにあたって、浅井(唐沢寿明)さんは、神主の菰田 孝三郎(こもだこうざぶろう)(イッセー尾形)さんに最高に景色のよい場所を伺います。
 

浅井(唐沢寿明)さんも誰に伺うか考えたでしょう。いろいろな人の顔が浮かぶ中で、村のまとめ役の長老で神主である菰田 孝三郎(こもだこうざぶろう)(イッセー尾形)さんに意見を聞くことで、菰田さんの気持ち、関心を引き寄せることで、村人全体を動かすことも当然念頭に置いていたのではないでしょうか。
 

そして、村人の気持ちを深いところで捉えようとしながら、村人のやる気を引き出していき、みんなの絆も強いものにしていきました。
 

そのポイントになっているのが、浅井(唐沢寿明)さんのマネジメント力だと思います。村の人々の長所をうまく引き出し、滝つぼレストランの業務の種類の中から適材適所に村人を配置していきます。
 

自分の得意分野を中心に雇われることは、雇われるほうもやりがいを感じるものですよね。
 

浅井(唐沢寿明)さんは、企画力、マネジメント力、人の心を動かす力にすぐれた人物だと思います。
 

益々今後の浅井さんの活躍が楽しみになってきました。具体的な成功のノウハウを学んでいきたいと思いました。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - ナポレオンの村 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。