So-net無料ブログ作成

俺のスカート、どこ行った?第5話感想!心がブスな女!3つの袋! [日本テレビ]

スポンサーリンク





2019年5月18日の第5話の放送を観ました。


相変わらず、ストーリーは、めちゃくちゃですが、面白いです。


今回は、心の中で思っている事は、言わないと分からない、などの心のお話でした。


スマホを落とした愛理さんが、いて、それを拾った若林(長尾謙杜)くんがが出会い、若林(長尾謙杜)くん が、その子に一目惚れしました。


勇気を出して、愛理さんと連絡先を交換する事が出来ました。


更に、愛理さんから、遊びにも、誘われました。


ところが、それは、それは、愛理さんの友達が勝手に、送ったいたずらでした。


いたずらだと分かっても、原田(古田新太)先生は、デートのプロデュースを続けて行きました。


そして、若林(長尾謙杜)くんに、いたずらだということを伝え、その上で、 愛理さんに、今の率直な気持ちを伝えました。


正直、今の若い子の間には、そういう事をする女の子や男の子がいるように思います。


原田先生は、一言、


『心がブスになるのよ!』


名言だと思います。


里見(白石麻衣)先生の3つの袋のお話しも、楽しませて下さいました。


里見先生が言おうとした3つの袋が、給料袋と胃袋と金玉袋なのか、堪忍袋なのか定かでは、ございません。


別の先生が、そのように言ってしまいました。


里見先生が、言葉にしたわけでは、ないのですが、里見先生と金玉袋を重ね合わせると、やはり、不思議と色っぽいです。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。